③打者テスト(Trackman・ラプソド・バーチャルマシン・VR)

○「球速」「コース」「変化球」への対応力を診断するテスト

・Trackmanで打球の質を測定

・球速、コース、変化、自分の得意不得意を把握

・バーチャルバッティングマシンを使用

・不得意分野はVRでトレーニング

 

打者のテストは難しいとされてきましたが、近年のスポーツ科学の進歩により少しずつ定量化できるようになっています。バーチャルマシンを使用したこのテストでは、打球を追わなくても飛距離が分かるようなシステムになっています。また、VRトレーニングで目のトレーニングなどを行うことができます。