〒891-2393 鹿児島県鹿屋市白水町1番地

TEL : 080-9053-1600

プライバシーポリシー © Baseball Club, National Institute of Fitness and Sports in KANOYA

チーム紹介 ABOUT

集合写真 CONCEPT
We have Kanoya Pride

新時代を築く唯一無二の野球部

全国から集う高い志を持った「仲間」と共に、
国内最高峰の「環境」(野球場、研究施設)の中、
新たな時代を築く唯一無二の野球部です。

目的

  1. 野球を通して人間的成長を図り、社会に役立つリーダーになること
  2. 個々のパフォーマンス向上とチーム力向上に努め高度な野球技能と野球理論を習得すること
  3. 大会等で勝利することで鹿屋体育大学の発展、野球の振興発展に寄与すること

3つの目的を達成するべく、チーム全員が当事者意識を持って活動しています。

鹿屋体育大学野球部が目指す
Core Wide

弊部は部員が中心となってチームを創り、野球の魅力を発信します。
「Core Wide」は、センターに位置付けられる部員(Core)の意識が高いほど、
関係者や支援者は増えて裾野が広がり(Wide)、組織が大きくなることを意味します。
個人としてもチームとしても、影響の輪(Core Wide)を広げられる人材に成長することを目指します。

野球部組織図イメージ CoreWide

Expert制度

弊部では、Expert(専門)制度を導入しています。
専門教育機関である鹿屋体育大学で学ぶ内容の中から、自身が最も興味がある分野を選択して専門性を深めます。
3年生で専門分野を選択し、最終学年では『Expert』として部に貢献する制度です。
2021年から新たに「野球」の授業が開講し、より専門的に学べるプログラムになりました。

  1. 01
    PLAYERS Ex

    主将
    副主将
    各種リーダー

    <攻撃>
    戦術
    打撃
    <守備>
    戦術
    投手
    捕手
    内野手
    外野手
  2. 02
    COACHING Ex

    学生コーチ
    トレーナー

    <学生コーチ>
    監督選手伝達
    ランナーコーチ
    ノッカー
    打撃投手
    <トレーナー>
    教室イベント
    ストレングス
    メディカル
    W-up,C-down
  3. 03
    MANAGEMENT Ex

    マネージャー

    <外交>
    総合(主務)
    遠征手配など
    <広報>
    ホームページ
    SNS
    ブログ
    <財務>
    総合(会計)
    寄付金
    グッズ
    道具管理
  4. 04
    SCIENCE Ex

    アナリスト

    <ゲーム分析>
    相手分析
    自チーム分析
    データまとめ
    <能力分析>
    動作解析
    測定テスト
    FB用紙作成

部内立場

3年生からExpertとして活動がスタートし、その経験を「就職先」と関連付けるようにしています。
他大学にはない専門的な学習を通じて、Expert(専門家)として野球界・スポーツ界に留まらず、様々な分野で活躍できるリーダーに成長することを目指します。
※就職先の詳細は【進路】をご覧ください

就職までの流れ

沿革

鹿児島リーグ戦優勝9回
南部九州ブロック大会優勝0回
南部九州ブロック大会準優勝4回

1984年 硬式野球部創部
1987年 専用野球場完成
1988年 鹿児島県大学野球リーグ戦 優勝(初)
1990年 九州地区大学野球選手権秋季大会 優勝(初)
1997年 鹿児島県大学野球リーグ戦 8年ぶり優勝(4回目)
1999年 硬式野球部活動休止
2003年 硬式野球部活動再開
2014年 スポーツパフォーマンス研究センター設立
2017年 鹿児島県大学野球リーグ戦 20年ぶり優勝(5回目)
九州地区大学野球選手権南部九州ブロック大会ベスト4
野球場ラバーフェンス設置
2018年 鹿児島県大学野球リーグ優勝(6回目)
九州地区大学野球選手権南部九州ブロック大会準優勝
九州地区体育大会準優勝
野球場LED照明設置
2019年 鹿児島県大学野球リーグ優勝(7回目)
九州地区大学野球選手権南部九州ブロック大会準優勝
ユニバーシアード大会記念 九州大学野球選手権大会初出場
2020年 野球場全面改修
鹿児島県大学野球リーグ優勝(8回目)【全勝優勝】
2021年 「野球(専修論・実習)」の授業スタート
HISTORY

進路

現役選手(直近10年間)

35期生【2022年3月卒】 松田侑大(大福ロジスティックス)
34期生【2021年3月卒】 加藤佳大(大福ロジスティックス)
34期生【2021年3月卒】 森杉亮太(西部ガス野球部)
34期生【2021年3月卒】 桑原潤也(高知ファインディングドックス)
34期生【2021年3月卒】 江上翔紀(鹿児島ドリームウェーブ)
33期生【2020年3月卒】 後藤圭汰(鮮度市場硬式野球部)
33期生【2020年3月卒】 牧野圭佑(富山サンダーバーズ)
33期生【2020年3月卒】 増澤翔太朗(JPアセット証券株式会社硬式野球部)
31期生【2018年3月卒】 川口大貴(GOL’DGYM ベースボールクラブ)
29期生【2016年3月卒】 白幡惇(九州三菱自動車硬式野球部)
28期生【2015年3月卒】   真井 大樹(鹿児島ドリームウェーブ)

野球関連(直近10年間)

読売ジャイアンツ(アナリスト)
阪神タイガース(アナリスト)
広島東洋カープ(トレーナー)
JR東日本野球部(アナリスト)
ENEOS野球部(トレーナー)
データスタジアム

一般企業(直近10年間)

アシックス株式会社、株式会社ザナックス、株式会社ドーム、セノ―株式会社、株式会社THINKフィットネス、株式会社JTB、株式会社スターフライヤー、北海道新聞、ゼビオホールディングス株式会社、エプソン販売株式会社、コカ・コーラボトラーズジャパン株式会社、アコーディアゴルフ株式会社、株式会社マイナビ、株式会社バイトレ、株式会社アズ、サニクリーン株式会社、ラバーインターナショナル、株式会社NEXTAGE GROUP、ラバーインターナショナル、松幸株式会社、モリリン株式会社、青山商事株式会社、マツダ株式会社、スズキ株式会社、高松建設株式会社、福岡ひびき信用金庫など

公務員(直近10年間)

【消防士】東京都、宝塚市、枚方市、畝傍市、名古屋市、久留米市、北九州市、那覇市、広島市
【県庁】沖縄県
【市役所】鹿屋市、姫路市、防府市、大府市、那覇市、茨城市、富山市、宇和島市、名護市
【警察官】東京都、鹿児島県、福岡県

進学(直近10年間)

鹿屋体育大学大院、広島大学大学院、神戸大学大学院、信州大学大学院、岐阜大学大学院

教員(過去全て)

北海道(中学2名)、岩手県(高校1名)、福島県(高校1名)、埼玉県(中学1名)、神奈川県(高校1名、中学1名)、千葉県(中学1名)、東京都(高校2名、中学校1名)、石川県(高校1名)、福井県(高校1名)、長野県(高校1名)、岐阜県(高校2名)、愛知県(高校3名)、大阪府(高校3名)、兵庫県(高校4名、中学1名)、奈良県(高校1名)、和歌山県(高校1名)、鳥取県(高校1名)、広島県(高校1名、中学1名)、山口県(高校1名)、徳島(高校1名)、愛媛(高校1名)、福岡県(高校6名、中学2名)、大分県(高校4名)、長崎県(高校3名)、熊本県(高校1名、中学1名)、宮崎県(高校1名、中学1名)、鹿児島県(高校4名、中学5名)、沖縄県(中学3名)